寝ても覚めても

舞台、俳優、アイドル、オタク活動について

このブログについて

 お越しいただきありがとうございます!どこにでもいるオタクが好き勝手にいろいろなことを書いているブログです。オタク活動について話せる友達が少なすぎて、ブログをはじめてしまいました。スターやマシュマロで反応をいただけると飛び跳ねるくらいうれしいです。

 

  •  なかの人について

 name:しろ (@K_24O7_) | Twitter

(女/20代前半/都内一人暮らし/土日休みOL/借金貯金なし)

  13歳のころにNEWSに出会って、そこからひたすらにオタクです。二次元(初恋は丸井ブン太!)、韓国アイドル、プロ野球にハマってオタクしてみたり、ロキノン厨になったりしながら流れに流れて今は若手俳優と地下ドルのオタクしています。

 

  • 推しについて

 超ド級のDDなので推しっぽい俳優さんが同時に3人とかいた時期もあったのですが、今は推し1人ということにしています。

 若手俳優のオタクになるきっかけになった人は、今やもはや大人気映像俳優になってしまったので、皆勤とかには全くこだわらなくなりました。今でも普通に好きだし、たまに現場にも行きますが、頑張らずに「○○くんのファンしてます!」っていうスタンスです。

 秒で降りた元推し?たちは、中堅アラサー俳優(お芝居は今でも好きだけど、彼女を隠すつもりがなかったり、私生活の面がどうしても好きになれなくて、お金を落とせなくなった。)と、小劇場の俳優さん。(小劇場メインだったけど、たまーに2.5に出てたりしたから売れすぎずヒマすぎず、オタク的に推すのはたのしかった。けど、狭い界隈だし距離が近すぎてしんどかった。)

 ということで、今は推しに落ち着いています。舞台に立つ推しはいつだって最高で大好き!

 

  • ブログのカテゴリについて

 #オタク活動

 オタク活動に関する諸々。基本的にはこれ。

 #感想

 観劇した舞台、行ったライブなど現場の感想。

 #推し

 推しに関するあれこれ。

 #その他

 自分が書きたいだけのあんまりオタク活動に関係ないような記事はここ。

 

  • マシュマロ

 24時間365日お待ちしています!お返事はツイッターで!

marshmallow-qa.com

 自己満足ブログですが、みなさんの暇つぶしにでもなれば幸いです。

いばらの道で花が咲くなら絶対見逃せない

 こんばんは。タイトルの元ネタが分かった方はともだちになりましょう。というかなってください。つい数日までは躁のオタクだったのに、昨日あたりから急に鬱のオタクでてきて何もしてないと被害妄想爆発させて推しへの手紙が大事故になりそうなので、ワンクッションおいて、整理するために今これを書いています。(そんな使い方をするな)タイトルもメンヘラオタクっぽくていいでしょ?

  そもそもオタクはだいたい情緒不安定でメンヘラだし・・・(とか言い切ると怖い人から怒られそうだから、一応「少なくとも私はそう思っている」という一言を足しておきますが、)わたしはリアコではないから*1なかなか「病む」ようなことはないし、どちらかと言えば勝手にたのしくなっているコスパ最強オタクなんですが、2週間くらい推しに会えていないせいか1人妄想劇場が開演して勝手に悲しくなったり、つらくなったりしている〜るるる。

  この前、職場で唯一わたしの趣味について知っている先輩(30代男性ゲーマー/怒ったり焦ったりしてるところを一度も見たことがない仏)とご飯に行ったとき「オタクしてるときはめちゃくちゃたのしいでしょ?」と言われて、う~~~んとなってしまった。振り返ると、心の底から「たんんんんのしイ~^~~!」となっているのは一瞬で、(しかもそれも大概バグ)次の瞬間から悲しくなったり、しんどくなったり・・・返答に困ってたら「たのしくないの?」と驚かれたので、「ゴールが分からないまま走り続けてる感じ!」とJKもびっくりのエモーショナルな名言を生み出してしまった。。。(ポエマーオタク♩)

  ブロマイドとかCDとか写真集を積んだり、全通したりは推し本人に還元されるから(ほんのちょっとだったとしても)少しは意味のあるオタクできてるかな?って錯覚できるけど、良席にこだわっちゃったりたり、プレゼントを渡したり、手紙書いたり、ブログにコメントしたり、花出したりするのは完全にオタクの自己満足なわけで*2、こういう諸々のしてること全部が推しにとっては1ミリもうれしくないんじゃないか、みたいな感情の波がけっこう頻繁にくる。自分が心からたのしむために、自分が自分を好きでいられるようにオタクしたいと思ってるけど、陰キャのオタクが本当の意味で自分も推しも信じられるわけないので、結局、鬱。

 

www.mhlw.go.jp

双極性障害では、ハイテンションで活動的な躁状態と、憂うつで無気力なうつ状態をくりかえします。躁状態になると、眠らなくても活発に活動する、次々にアイデアが浮かぶ、自分が偉大な人間だと感じられる、大きな買い物やギャンブルなどで散財するといったことがみられます。
躁状態ではとても気分がよいので、本人には病気の自覚がありません。

 散々このブログにも書いてますが、わたしはじゃにーず、韓国アイドル、二次元などなどひたすらに顔の良い男のオタクをしてきた人間なので、親からも「あんたは病気だよ。愛情注いで育てたつもりだったけど、何が足りなかったんだろう。」と言われたことがあって、これは笑うしかないくらい、笑えない「マジ」で、時間とお金の使い方を改めろと本気で怒られたこともあります。(当方、成人済み/社会人/一人暮らし*3

 こうやっていい大人が大人に小言を言われたり、現場に通うためにしたくもない労働をしたりしながらも、たのしいから自分の意思でオタクしてるわけであって、何かを削ってるとか諦めてるとかマイナスなことは思いたくない、けど、お布団大好きだから正直12:30開演のマチネとかしんどいし、別に同じ舞台何十回も観たくないし、遠征はたのしいけど面倒くさがりだからホテルとか交通手段の確保も怠けちゃうし、同厨のツイッター見てモヤる時間とかめちゃくちゃ不毛だし、どれだけ通ってお金落としても、結局SNIDELのワンピが似合うようなかわいいオタクがついたら、(ここから無限ループ)

 こういう0か100かしかないみたいなオタクってたぶんめちゃくちゃいると思うけど、みんなどういう気持ちで走り続けてるんだろう。

 

 スイーツビュッフェ行ったり、スポーツ観戦したり、気になるアーティストのライブ行ったり、焼肉食べたり、たしかに全部全部たのしいけど、推しがいるところには全然かなわないじゃん!推しが舞台に立ってるの観るとき、推しが笑ってくれたとき、リップサービスだとしてもうれしいこと言ってくれたとき、あーーーーー自己満足でも応援してきてよかったなあって思えるじゃん!これ何よりも強い麻薬!

 

 推し、真面目だし、たぶん優しいし、手紙もリプも読んでくれるし、プレ全部着てくれるし、行動で示しますって言ってくれるし、毎日好き。けど、

 

 

 推しに「お前いらないよ」って言われたらどうしよう。

 

 

 おわり

 

 

躁鬱のオタク、傷をなめ合いましょう

 

*1:ツイッターでもはてブロでもリアコめちゃくちゃ見ますけど、リアコって推しと付き合いたいということですよね?!認識合ってますよね!?不安定な職業でお金はないのに(コラ~)死ぬほどモテるだろう男と付き合ったら、精神ボロボロになっちゃいません?!そういう次元の話ではないか…

*2:もちろんうれしい俳優さんがほとんどだと思う…し、そうであって欲しいですが!

*3:貯金もないけど借金もないよ

2018年度上半期観劇まとめ(超個人的感想付き)

こんにちは!数億年ぶりに何の予定(=現場)もない土日です!台風も来ていて外に出られないし、なんとなく上半期(4月~9月)に観たものをまとめていきたいと思います。9月も終わって、もう10月とか1年はやすぎ・・・

 

3月(チケットを掘り返したら3月~見つかったので載せさせて…)

 原作未読、アニメ未視聴、舞台過去作品未履修というヤバめなスペックで、坂道くんってオタクなんだよね?~ッショ!の人は黄色の学校!という程度の知識しかなかったけど(本当にすみません・・・)純粋に良い作品だと思いました。泉田さんがレースにかける想いとか、チーム2人の積み重ねてきたものとかが、こんな私にも伝わってきたし、緩急があって良かったです。

 

 (舞台じゃないけど・・・)銀河団がかわいかったのと、何かみんながわちゃわちゃしててたのしかった記憶ある!人が多いと名前と顔一致させるまで時間がかかったりするけど、番町は個性が強いからか速攻で覚えられました。番町の現場たのしくて好きです!みなさまもぜひ!

 

  • 君よ叫べ、其ノサガノ在ルガ儘ニ

 ASSHの作品です。厨二病全開なタイトルは置いておいて、見ごたえのあるストーリーでした。特に最初のオープニングが好きでした。

 

4月

 ドラマがすごく好きで*1、新田くんリアコだったのを半券みて思い出した!!!新田くんかっこよくないですか?!ベースの実力があって、メンバーを一歩引いて俯瞰してて、実家がお金持ちで、きっと死ぬほどモテるんだろうな・・・みたいな・・・なのに自分のこと全然話さないこととか・・・妹がいるところとか・・・好き・・・舞台を観て覚えていることは、荒木宏文さんの役が粘着質サイコで怖かったのと、前の列に座っていた関係者のおっさんが腕組み地蔵で、マジの箱っぽ!となったことです。

 

 イケメンシリーズのことはなんとな~く知っていたのですが、ちゃんとプレイしたことがなかったので、初見の感想が「トリップ夢小説ですやん!」だった。被雷?→異世界にトリップ→信長様を助ける→「お前、俺を知らないのか?面白いやつだ…」というセオリー中のセオリーをいく展開。けど純粋に信長様がかっこよかったし、他の武将も魅力的でたのしい舞台でした。次回作もたのしみ!

 

  • エン*ゲキ#3「ザ・池田屋!」

 おつね役の中島早貴さんがとても好きでした!最後に大きな幕がバーーンと降りて、出演者が階段に上がって「ザ・池田屋!」で終わるのもよかった!紀伊国屋ホールは特に好きなわけではないけど、この作品によく合う劇場だなと思った。

 

5月

 複数回観たけど正直記憶があまりない・・・前作の進化の夏がすごく好きだったので*2、そのせいだと思います。けどカテコで縁下が出てきたときすごく大きな拍手が起こって勝手にうれしくなったのは覚えてる!ハイステは音楽が良いですよね。進化の夏のサントラ聴くと毎回泣けちゃう。

 

  • 舞台『Gentle Winds ~あの風が吹いたとき~』

 オムニバス形式の作品で、休憩なし約3時間という強すぎ舞台。それぞれの話みんな良くてボロボロ泣きました。お兄ちゃんのことが好きでずっと一緒にいたいと思ってる妹と、そのお兄ちゃんの彼女がいて、お兄ちゃんが事故で記憶喪失になって、その妹が彼女のフリをして兄と逃亡する話が好きでした。

 

 映画キサラギを思い出した!いろいろな人の語り口から、その場にいない人物の輪郭をつくっていく感じ。しょうもないオタクなので、温和で優秀な執事が色白で大人しいぼっちゃんに影で暴力をふるっていて、「綺麗になるもんだなあ…前は(痣で)汚かったのに…」的なことを言ってるシーンが好きでした。しかも坊ちゃんは、「自分とまともに口をきいてくれるのがその執事だけだった」って理由で執事を辞めて欲しくない、と言うんですよ。すごくない?(何が?)言うまでもなく暴力はダメです。絶対に。

 

6月

まだ6月・・・長い・・・

 Gロッソ。子どもがとても多かった。(それはそう)

 

 初演も観たのでなんとなく第二弾も。アニメが好きで、原作も読みました。人畜無害な良い子ちゃんしてる三好が良き・・・

 

余談ですが、5月6月は地下に通いまくっていて土日2日間で3~5現場を回すなどしていました。元気があった時期です。

 

7月

  • 萬腹企画5杯目 マギアギア

 登場人物が多くて次から次に人が出てきて目まぐるしかった記憶。勇者が格好よかったです!

 

 7月~9月までテニミュ。わたしはすごくたのしかったです。大楽でジロちゃんが「また明日もみんなとテニスしたい!」って言っていて、予想外に涙が止まらなくて自分でびっくりしました。小学生のころにテニスの王子様に出会って、初代立海のばーちょんを知って写真集買ったりして(今思えば初めて若手俳優?で好きになった人です。)、まさか平成最後の夏にテニスに戻ってくることになるとは思わず、エモさを感じてました。わたしがテニスで一番好きな台詞が、全国大会決勝のS1でリョーマが幸村に五感を奪われて言う「テニスって楽しいじゃん!」なんですが、それを体感できた夏でした。テニスって楽しいじゃん!

 

8月

テニスで全国を巡りつつ、学生時代のともだちとマレーシア旅行に行ったりしてリア充ごっこをしていた時期。とにかく毎週末、新幹線やら飛行機に乗って遠征していたのでさすがに疲れて月末に体調を崩しました。良くない社会人。

 

9月

先述したとおりテニスを終え、ロスと妙な達成感により、謎のフッ軽期。←今

  • 「DIVE!!」The STAGE!!

 はるか昔に原作を読んでいたので、時間が合えば観に行きたいな~くらいにぼんやり思っていたのですが、あまりにも席が埋まっていないと聞いて、思ってるだけじゃダメじゃん!と思って観に行きました。トモ(主人公)が弟に彼女を取られて半狂乱になるところがアツかったです。真面目な感想としては要一くんの「勝つたびに一人になっていく気がする」という台詞がスポーツの核心っぽくて良かった。クラブのため、家族のため、自分のために最後まで点数にこだわり続けた要一くんと、平凡な自分のなかにあった唯一無二の武器を自分のものにすることにこだわったトモと、おじいちゃんが見てきた景色の美しさを証明することにこだわった飛沫、それぞれの描かれ方があって良かったです。

 

 

という感じでした。上半期!地下の現場に行きつつ、ジャニーズ行ったり、戦隊の現場行ったり、好きなバンドのライブに行ったり、野球観戦したり、写真集やらDVDやらの発売記念イベントがあったり・・・半券数えたらぴったり70ありました。失くしたのと地下関係、イベント系も含めるとたぶん100弱現場くらい?振り返るとなんだかんだ全部たのしかったな~と思います。2018年ももう終わり(?)ですが、今後もたのしいこといっぱいしていきたいな!という気持ちです!

 

それではこのへんで!読んでくれてありがとうございました!明日は外出してはダメみたいだけど、コンビニでチケの支払いしなきゃです・・・

 

面白かった作品などなどあったら教えてください!

marshmallow-qa.com

 

*1:結構ボロクソ言われてたけど私は好きでした。

*2:これも賛否両論あって好きじゃないって人も多いみたいだけど、わたしは好き!

そのへんのオタクが選ぶ!オタクに読んでほしいマンガ2018

 またまた久しぶりの投稿になりました。更新できていないのに何件かマシュマロをいただきまして・・・ありがとうございます!マシュマロ返信用のツイッターアカウントをつくったので、今後いただいたマシュマロはそこで返信していこうと思います。

(遅くなってしまいましたが、オキニ自慢連投してくださった方!ツイッターのほうで返信させていただきました!)

 

 ブログ内で返信となると返信までに時間がかかってしまうのと、記事がどうしても長くなってしまうので・・・マシュマロいただけるの本当にうれしいので今後もお待ちしております!

 

 今日は「そのへんのオタクが選ぶ!オタクに読んでほしいマンガ2018」*1ということで、超超超個人的にオタクのみなさまと共有したいマンガについて書きます。若手俳優のオタク、2次元とおってきた方多いし、共感していただけなくとも、読んでいただけると信じてます!マンガ大好き!

 

 こういう記事を書こうと思ったのは、そもそも少し前にこの作品を読んで「これは全オタクの呼吸が止まってしまうやつ・・・」と衝撃をうけたことがきっかけなんですが。

あげくの果てのカノン コミック 全5巻セット

あげくの果てのカノン コミック 全5巻セット

 

 

 おすすめしたいと言いつつ、あらすじやら設定やらの説明は長くなりそうで面倒なので、ぜひamazonのページを見てください・・・世界観がSF?的なので、読み始めは「よく分かんねえ・・・」ってなるかもしれないのですが、単純に主人公の女の子の行動や思考が、好意ゆえに暴走機関車と化したオタクのそれで怖いし悲しいです。相手を勝手に理想化して、まわりが見えなくなっていってしまうやつ・・・

 たぶん非オタのパンピ常識と節度ある大人からしたら主人公の行動は身勝手で気持ち悪いものでしかないんだろうけど、アイドルやら俳優やら文字通り偶像を追いかけている人なら泣いちゃうと思う!少なくともわたしは呼吸がヒューヒューなりました。

 全5巻でつい先日完結ばかりなのでとても読みやすいと思います!主人公の女の子だけではなく、まわりの登場人物たちの人間味も、なんというか悲しくて、読み応えがあります。本当におすすめです。語りたいので読んでください。(←重要)

 

 次はこれ。 

 

 単純にこの男がいい。若手俳優推してる女なんて大抵みんなクズ男が好きなんだから大人しく読んでください。(コラ―!)

 

 最後に、わたしの人生のバイブルである「とんかつDJアゲ太郎」について書きたかったけど、やめておきます。

とんかつDJアゲ太郎 1 (ジャンプコミックス)

とんかつDJアゲ太郎 1 (ジャンプコミックス)

 

 

 時間が有り余っていた学生時代に、何かのマンガ配信アプリで3巻まで無料!的なのをやっていて、時間が有り余っていたので読んだら、人生のバイブルになりました。

 生きるうえで大切なあれこれって実は思っているよりシンプルなんだな、と気づかせてくれる本です。良いことを言ってる風だけど、別に話は大して面白くはないと思うし、とんかつ屋の息子がイケてるDJ目指して日々昇進!なだけのマンガだけど、大好きで大切なものを追いかけるシンプルに前向きな感じが好きです。オタクなので。

 

 あ、けどさっき人生のバイブルと言ったのは盛りました。人生のバイブルは一生「テニスの王子様」です。

なんで23巻かと言うと、それはブンちゃんが世界でいちばんかっこいいからです!(時事ネタではないです。)

 

 最早オタクあんまり関係ないけど、好きなマンガのリンク貼ります。

 

トーマの心臓 (小学館文庫)

トーマの心臓 (小学館文庫)

 

 

 おすすめがありましたら教えてください!

marshmallow-qa.com

 

*1:なんてチープなタイトル…

おたくしてると1年がはやすぎる問題

こんばんは!なんと約3か月ぶりの更新になってしまいました。しかも前回こんなブログ(以下参照)を書いていながらパタリと更新しなくなるという…

k2407.hatenablog.com

なんだかもう記憶も曖昧なんですが、ゆるめに着てほしくてビックシルエットのシャツを買いました。たしか。マシュマロで色々とアドバイスをくださったみなさまありがとうございました!

 

この時期プレ迷う~なんて言ってたときからあっという間に時が流れてもう7月…夏になってしまいますね…はやすぎ…大して興味もないかと思うのですが、この3か月オタクしてなかったとか、仕事が超絶忙しかったとか、体調を崩していたとか、そんなことは全くなくいつもと変わらず(むしろ忙しく)おたくをしていました。実は地下アイドルっぽいものにハマって現場に通ったり、ちょこちょこ舞台観たり、NEWSのライブ*1行ったり…おたくしかできない人生。それにしても地下行くと俳優ってつくづくコスパの悪い現場だなあと痛感しますね。好きになってしまったが負け。

 

久しぶりに更新したくて勢いで書いたので、何の脈絡もない文章になってしまいましたが、下書きに書きたいものとか、あとありがたいことにマシュマロもちょこちょこ頂いていたので、今後も気ままに更新していきたいな~と思います!

 

以下、マシュマロのお返事です。

はじめましてこんにちは。この時期は服だったらシャツとか薄手のパーカーとか羽織りっぽいものあげたりします。Tシャツなら印象の違うもの2枚とか。おしゃれに目覚め始めた(?)推しさんだったら合わせやすさで選ぶと安心ですよね。あとはこうやって着てほしいって手紙に書いたり前にあげたものと合わせやすい服やキャップにしてあれと合わせてねーみたいにしたり。私の推しは服大好きなので勝手にコーデして着てくれてます。選ぶのは楽だけど、こうやって合わせて着てほしい!という要望が通らないのが難点です。たまに自分のあげたものだらけだと嬉しいを振り切って笑えます。いきなりY3とかそれまで見慣れないもの身に付けてると他のおたくからのプレでは?と病みませんか??私は病むタイプなので推しの自撮りはオーディションの結果みたいなものです。推しさんが今まで身に付けてなさそうなブランド新規開拓して気に入ってもらえたらいいですね。

お返事が遅くなって申し訳ないです・・・けどマシュマロが来るとメールで通知が来るので、すぐ読みましたよ!羽織りものいいですよね~!わたしも「絶対似合うからこうやって着て!」って手紙に書きました!おしゃれ経験値の高い推しさんにたくさん着てもらえるのいいですね~きっとこれ投げてくださった方もおしゃれ(もしくは推しさんと好みが似てる?)方なんですね!Y3は私も不信に思ったので(?)推しに「プレ?」って聞いたら「自分で買った!」って元気よく言っていたので一応信じてます(笑)共演した先輩方の影響らしいです…ウソかホントか知らんけど!

 

今回プレしたんですけど、tシャツや稽古着になりそうなもの3点合計で1万3千ぐらいだったんですけど、1つ1つが安くなりすぎましたかね?

やっぱ1万ちょっとのもの1つにしたほうがよかったかな、と後悔

えええ!私なら3点入ってたらすごくうれしいです!(聞いてない)ついつい1点モノで勝負してしまいがち(?)なんですが、複数入れてみるのもアリだな~と思いました!安すぎなんてそんなことないと思いますし、ハイブラしか着ない人もいれば、逆に高価なものは着ない人もいるのでもう価格は関係ないっス!開けて3つも出てきたら断然うれしいと思います!

 

おやすみなさい!

 

*1:記事にしたくて長いこと下書きに眠っているのですが、近々あげたと思っています!

お助けください(プレについて)/マシュマロ返信

こんばんはー!ここ最近暖かすぎじゃないですか?毎年こんな感じでしたっけ…着る服に迷う毎日です…

 

今日のBGMはこれ!


WINNER - 'ISLAND' M/V

前もwinnerの曲を載せたような気がするのですが、このISLANDはイントロが大好きで、これからの時期にぴったりな感じなのでここ毎日聴いています。(どうでもいい情報)どうでもいいついでに、この曲歌詞もすごく良いんですよ~。韓国語の曲(特に恋愛の曲だと分かりやすい)って、例えば「僕を頼って」とか「君を傷つけるすべてのものから守るよ」とか「君を連れ出すよ」っていう日本語ではあまり聴かないようなフレーズが多くてなんとなく好きです。

 

~ここから本題~

 

今日書いたのは記事のタイトルそのままなんですが・・・「この時期プレ何あげればいいんや~~~」問題についてです。毎年のことながら、春(気温はほぼ初夏)みたいな時期ってすごく悩みませんか?人によってだと思うのですが、私は消耗品はあげないので、ここでいうプレとは主に服やキャップ、アクセサリーのことです。これから夏になるんだし、Tシャツでもあげときゃいいんじゃね?とは思うんですが、値段に関わらずペロンとTシャツ1枚あげるのもなんだかなあ…って感じだし、だからと言ってTシャツにキャップ…とかだとウザい(重い?)気がして…本当に自分でも謎の感覚だし、推しは別にどーでもいいと思ってるのは分かってるんですが…(伝われ!この感じ!)

 

前にも何かの記事で書いたかもしれないですが、基本1舞台につき1プレしていて、あとはクリスマスや誕生日のイベント…って感じでプレを渡しています。値段はまちまちで、大体1~3まんえん。5以上のものとかはあげたことないです。自分がファストファッション余裕で着るマンなので、基本は「布やん!」の精神なんですが、プレに関しては値段よりも、推しに似合うか(着てほしいか)でチョイスしてしまう…

 

もうすぐ初日なのに今回まだ目星もついていなくて、みなさまに何かアドバイスをいただければ…と思い記事を書きました。

推しは量産型男子大学生みたいな格好が多いんですが、突然Y3*1のキャップとか被っていたりするんで謎です。さり気なく自慢しますが*2、この前あげたプレ、すぐ着てくれて直接「かわいかった!」って言ってくれたので、ハッピーパーリーピーポーになっています。おまけに、これまでファッションのことなんて書いたことなかったのに、その着用写真を載せてくれたブログで「今まであんまりファッションに詳しくなかったけど、最近興味わいてきた!(意訳)」的なことを唐突に書いていて、うれしくなりました!けどみんなプレしないで!推しを好きにならないで!

 

みなさんはこの時期って何をあげていますか~?あとおすすめのショップとか、ブランドがあれば教えていただきたいです!

marshmallow-qa.com

 

以下、いただいたマシュマロの返信です!

私の推しは、つまらない舞台に当たる確率が本当に高いです....

初日に行って、あ、この舞台つまんねえなって思った場合は、私は次の日からわざと高倍率のオペラグラスを持っていくようにしています。

推しの顔をどアップで見るためです!推しの顔が良いことに、間違いはないし推しの顔を見ていれば幸せなので、ああこんな表情してるんだな、演技頑張ってるなと幸せな気持ちで家路につくことができる気がします。

これ読んだとき「天才では?」と思いました!即採用させていただきます。前列でもオペラクラスで観てる方っていますが、こういうことだったのでしょうか…とにかくすばらしい(?)回答をいただけて感動しました。何も床を見つめている必要はなかった…

 

 

日付をまたいでしまったのでもう今日ですが、いよいよ新年度ですね~。今年度もたのしくオタクできるように、ぼちぼち働いて、ほどほどにがんばりたいと思います!年度初めも何かと忙しいので、みなさまも体調にお気をつけて…おやすみなさい!

 

*1:若手俳優のユニフォーム

*2:といいつつここがサビだよ!分かるよね?!

床を見つめるとき/マシュマロ返信

こんばんは~!前回の記事にスターとマシュマロくださった方、ありがとうございました。ステキなスターをいただきました!隠れたメッセージ…まさに私信!うれしかったです…!

 

今回の記事は「観に行った舞台がつまらなかった(自分に合わなかった)とき」もっと言えば「面白くないのに通わなければいけないとき」のことを書きました。(下書きに長いこと寝かせていて、すっかり忘れてた・・・)なので、「自分の好みに合わなそうな舞台にはそもそも行かない」という方や、「推しがでていてつまらないわけないじゃん!」という方にはイマイチ理解していただけないかもしれないのですが、独り言だと思って読み流していただければ幸いです。

 

2、3か月前に観た舞台2本(別の作品です)が、めちゃくちゃつまらなくて、退屈で、気絶しかけました。作品の質についてわたしは語れるほどの目はもっていないし、終演後「すごくおもしろかったね!」と楽しそうに話していた声も聞こえてきたので、あくまで一個人の感想です。作品を批評する意図はありません。

その2作品のなかでも3個ぐらいは良いと思うシーンはあったし、わたしがボ~っと席に座って観ているどんな舞台の裏側にも、出演されているキャストの方、作品に携わるすべての方の努力があるということは十分理解しているつもりです。だからこういう作品を観たあと「私には合わなかった」とか「なんでみんな面白いと思えるのに自分は楽しめなかったんだ?!」と、少し落ち込みます。(だってどんな作品であれ、観る前はすごく楽しみな気持ちで劇場に向かうわけだし…)

 

今回の2本には推しは全くでていなくて、1つは誘われて観たもの、2つめは原作がめちゃくちゃ大好きでチケットをとったものでした。原作が好きで観に行った舞台に関しては、完全に「原作厨すぎる」ことが敗因だったので(これもあくまで個人的な考えですが、2.5を観るうえで一番不毛なことは「原作と比較する」ことだと思っているので)これも楽しめなかったのは自分側の問題(理由)だと思いました。不幸中の幸いだったのは、推しがでているわけではないから、虚無になりながら通う必要がないということです。1回観て「あ、残念だけどダメだった。」って思って、終了。

 

本当につらいのは「推しがでているのに全然面白くない」という舞台に「通う」ときで、「別に強制されてるワケじゃないんだから、観たくないなら観なきゃいいじゃん」と言われてしまえば、まあ、そうなんですが・・・・そうじゃねえんだ!舞台はつまらなくても、推しの芝居は観たいし、推しの姿を見て、声を聞きたいんだ。そもそも、推しが出ていてチケットを取らないという選択肢がないので、行かないというのはイコール、チケットを紙きれにするということなんですが。(譲渡にだすこともあるけど、チケットを紙きれにしそうなメンタルのときって他人との取引すらも億劫じゃないですか?!私だけ?)

 

そりゃあいくら推しがでていても毎日毎日何度も同じ舞台を観ていたら、何よりお尻や腰の痛みが気になる日もあるし、推しがでていないところで寝るスキルを身につけたり(良くないことですが)、内容の良し悪しに関わらず、そういうこともありますよね。私は幸いにも「推しが死ぬほどつまらない(好きになれない)舞台にでる」という経験をしていないので、例の気絶しかけた舞台を観た後、「これに推しがでていたらどうするかな~」とぼんやり思ったのでありました。

 

みなさんはどうしますか?(どうしていますか?)

 

marshmallow-qa.com

 

と、ここまで書いてみて思ったのですが、推しがでていないからこそ、その舞台そのものの演出など(キャストのお芝居以外の要素)が気になったのであって、推しがでたら「つまる/つまらない」以前に「今日もかっこいい!」とか「今日も推しのお芝居が観れてサイコー!」みたいなテンションになってそんなに気にならないのかな…いやでも、つまらんものはつまらん…よな…

 

以下、いただいたマシュマロのお返事です。

それまで推しはあまり髪のセットをしないタイプで雑誌やらなにかの撮影のときにはセットをしてもらっていますが、基本的に普段はナチュラルヘアーな方だったんです。 でも、最近ツイッターに載せるお写真で髪をセットし出していてそれも微妙にちょこちょこ毎日違う気がして、それでリプでそのことに触れつつ1番好きだった日を伝えました。  そうしたら、ほぼその髪型と言っていい髪型が続いたんです! たまたまかもしれませんし、他にも評価がよかったのかもしれませんし、ただ推しが自分で気に入っていただけかもしれないですが、なんだか嬉しくなりました。  リプでもお手紙でも、良かったところ好きなところはバンバン伝えていこうと思いました。推しも自分の行動や言動など何に対しても、反応があるってやっぱり嬉しいことなんじゃないかなぁと思いますし、なんらかのモチベに繋がってくれたらなって気持ちもあるので。

良かったところ、好きなところ、バンバン伝えていきたいですよね!投稿者さんが「好き」って言ったからこそ、推しさんもそのセットを気に入ったのではないでしょうか?私が俳優だったら絶対うれしいもん!(謎目線)

 

オキニとは、少し違うと思いますが推しに年齢を把握されていたのには沸きました笑

 高校生時代は、学校が劇場から遠かったので、いつも制服で開演五分前ギリギリ駆け込み!とかで観ていたのが、大学生になり、もちろん毎回私服で観劇していたところ、こちらからは何も言っていないのに接触で推しに「○○ちゃん、高校卒業したんだ!」と言ってもらえました。まあ、たまたまかもしれませんが、推しに服装までチェックされていたとは驚きでした。変な服は着れませんね...笑 

わ~!この推しと共に時間を重ねている感じ、いいですね!制服ということで推しさんにとっても印象的だったのではないでしょうか?

 

服装と言えば、最近謎に暖かったり、かと思ったらふつうに寒かったり、着るものに迷いますね~。今週末は関西方面に遠征なのですが、服迷っています…荷物増やしたくないし、ワンピースかなあ。

 

年度末で忙しい時期ですので、みなさまもお体にはお気をつけて…!おやすみなさい!

 

年下は推しになりました(ご報告)/マシュマロ返信

こんばんは!お久しぶりです!

記事タイトルでさらっとどうでも良い報告をしましたが、その例の推しの舞台に毎日通っていました!たのしい!ハッピー!サイコー!推しはもちろん最高なんですが、舞台自体がすばらしくて、毎日観ていて虚無にならない舞台が久しぶりなので自分自身でも驚いています。大好きな人の舞台を毎日観られるのって最高に幸せですね。そんなこんなで、仕事→ソワレ→帰宅→寝る という毎日でブログを書くタイミングを逃していました…(書きたいことがあって、下書きが何件か溜まっているので折を見てあげます!)

過去記事に対して沢山のマシュマロが届いていておどろきました!投げてくださった方、ありがとうございます!Gmailに通知が来るようにしているのですが、そもそもの同期を切っているのでしばらく気づかなかった…レスポンスが遅くなりました…

 

今日は取り急ぎマシュマロのお返事を!

初めまして♡

ブスでも推しにブスってバレなきゃ誰でもガッキーですよ♡(?)

 私の推しは大体その日のうちにお手紙読んでいます♡

「~ですか?」って聞いたら、当日夜遅くか、翌日公演の前とかにお返事くれます♡

「こういう姿が好きです♡」って書いたら、次の日、その好きな姿で写ってたときはめっちゃ沸きました♡

私は結構お友達にお手紙見せちゃうんですけど、優しいお友達なので「私信じゃん」って言ってくれます♡

素直な推しと優しいお友達のお陰でお花畑ゆるおた生活超楽しいです♡

 推しは私の顔を知らないので、私が絶世のブスだとバレたら一気にオキラになりそうです♡

えええ~!すごい!この方のようなパターンをはじめて知りました!顔を知られていないということは、認知されていないということなんでしょうか…?少なくとも「現場で会っている人」と「手紙をくれる人」が紐づいていないということですよね?!けど、お手紙にここまで反応してくれるということは、きっと手紙の内容から想いが伝わってくるからでなはいかな~と思います。推しさんはすごくファンを大事にしているんですね…いいなあ…オタクは楽しいのが一番!!!優しい推しさんとお幸せに… 

認知をもらいやすいけどその分ヲタが怖い現場で、みんなに優しいで有名な推しからガン無視を半年キメられてたことがあります(笑)その後彼の中で何が起こったのか、突然その界隈でいう“オキニ対応”になった時はびっくりしました(これ言うと現場特定されますが遠くにいても差し伸べもらえたりあっちから絡んできたり、ドンピをずらしてくれたり)必ず貢がなければいけない現場でもないから貢いでないし、でも今は仲良くやってるのでみなさんにも諦めないで頑張って欲しいです、、

半年のガン無視・・・?!"(笑)"と書かれていますが、完全に笑えないやつですよね?!どうでも良いですが「半年のガン無視」って微妙に韻踏んでてラップにできそう…「突然干されて、突然構われる」的な話はよく聞きますよね~。なんなんだアレ。結局みんな人間だから気分ということなんでしょうか。今は推しさんと仲良くやっているとのことで、安心?いたしました…お幸せに…!

オキニとオキラ面白いですね。うちの推しさんはわかりやすい釣った魚に餌やらないタイプです。自分のおたくにはファンサしないので認知されるまでは席次第ではファンサ貰えたりしますが、認知されたらもうほとんどしません。理由はなんか恥ずかしいやん?ということでしたが、ならなんで他のおたくに恥ずかしげもなくウインクの安売りとかしてるのかわかりません。あえて目を合わせないようにしているのが丸わかりなのでそれが出席確認です。でもこっちが他の人見てるとすぐばれるのでどこにどんなセンサーついてるのか…謎です。

あばばば…恐ろしすぎる…本当にいるんですね、こういう方…ファンの方はかなり屈強なメンタルが必要なのではないでしょうか…まあ釣った魚にエサをやらないというか、「いつもいる人」になると良くも悪くも慣れてダレるときがありますからね…自分も推しも…

イベントのTシャツにアレンジをして着ていったら、そのイベントのしばらく後にTシャツにアレンジするのも女の子らしくてかわいいよねって推しさん本人が言ってくれたのが最高に沸きました!

オキニの対応見て落ち込むときもたくさんあるけど、推しさんが自分にくれた思い出を大切になんとかオタクしてるのですごく共感しました!

おお~!「女の子らしくてかわいいよね」ってなんだか良いですね!言われたい!「応援してくれてありがとう」とか「また来てね」とかも当然うれしいんですが、やっぱり純粋に「かわいいね」って言ってもらえるのって特別にうれしい気がする。推しと自分の思い出だけ大事にしてオタク満喫しましょう~!やっぱり楽しんでるオタクが最強!

はじめまして!ブログ楽しく読んでます。すごく文章の感じが好きです。

投げ掛け方がおもしろくてマシュマロぶん投げに参りました。オキニとかではないのでオキニ自慢!になってるかわかりませんがこんなことあったんだ~~くらいの気持ちで見ていただければ。

推しさんは公演中の手紙も公演中なんなら当日に受け取って読んでいるみたいで、前日に褒めたところをわかりやすく張り切っていたりわかりやすく張り切って失敗したりするのがかわいいです。あと推しさんのヘアメイクが好きで、これがよかったですとかこんなのはどうでしょうみたいな手紙を書くと、SNS の自撮り写真がそれになってて単純なんだから~~~~と思ってます!

 朝から失礼しました。またブログ楽しみにしています!

ありがとうございます!とてもうれしいです!こうしていただいたマシュマロを読むと、みなさんの推し、めちゃくちゃちゃんと手紙読んでますね…!うらやましい~わたしの推しはたぶん読んではいるけど、書いた内容について私信されたって思えたことがないので…「手紙に書いてくれたよね?」とかは言われたことあるけど、SNSで私信されて沸いてみたい~~~~~!だって他の人が沢山見ているSNSに書いてまで、伝えたいってことですもんね…私信ってすごいな…きっと公演のこととか、ヘアメイクのこととか、「自分のことをよく見てくれてるな」って思うからこそ、素直に実践したりしてるのではないでしょうか…ステキな推しさんとハッピーなオタクライフを~!

と書いたのですが、みなさまからのマシュマロを読んでアンテナが立っていたのか、先日わたしが推しに好きを伝えたことをその日のブログと舞台上でやってくれました。うれちー!まあ、全部たまたまですね、きっと!ちゃんちゃん!

 

よく観劇を共にする友人と私はそれぞれ別の推しがいます。その友人は私の推しは自分に冷たい!嫌われてる!と言ってきたので驚きました。 と、言うのも終演後お見送り(ランダム)のある作品に行っていたときのこと、友人と前後のときもあれば別々のときもあるし、そもそも推しがいれば推しと自分にしか意識いかないので友人の状況を見ていたことがなかったんですけど。 友人が言うには、私の推しは友人に対しては目が一瞬合った、と思ったらすぐスッと目線が次へ移動するんだそうで、しかもそれが毎回であると。  オキニでもないぼちぼち観に来る私でも目が合えば役に合った笑顔を見せてくれるし、言葉をかければうなづいたり返事をしてくれて、何かジェスチャーをすれば小さく返してくれてるほど対応のサービスが良いと思っていたので、信じられなくて。

まあ友人も推しじゃないし別にいいんだけどねと笑っていて気にしてないしネタにしてる様子だったんですけど、やっぱり俳優さんって自分のおたくなのかどうか、自分に興味があるのかどうか、自分が何かすることを求めているのかどうか、とかを察することができる能力でもあるのかなーと思った一件でした。 

まあ単に私の友人は私の推しに本当に嫌われてるかもしれないって話かもしれませんが。笑

うーん…あるあると言えばあるある…自分のファンかどうか、見る俳優さんも結構いると思います。(まあそれで対応を変えるかどうかは別として…)あとはオタク側の感じ方の違いもあるかもしれないですね~。"自分の友達から見た推し"というの、わたしも少し気になります。

遅ればせながら年下推せるか問題について。

最近めでたく年下の推しができましたーーーーーー!!!イェーーーー!!!

はい、ぶっちゃけものすごく悩みました。なんてったって推しは6歳も年下。かわいくてかわいくてそらもうかわいくて!だけどばっちりかっこよくて!もう好き!!!!っていう気持ちとそれ推しなの?かわいいかわいいって親目線で愛でちゃってるだけなんじゃないの〜??という気持ちの葛藤ですよね。

だいぶ悩みに悩んだ末の今で正直決め手という決め手と聞かれたら即答できないんですけど、分かったことがあります。それは、悩んでる時間がもったいない!推し(仮)として舞台なりなんなりに後悔ないように行って見ておくこと!!!それが一番大切!! ってことです。 私はまだ推しじゃないし、とそのときやっていた作品を1度観劇しただけで済ませてしまったんです。作品が終わって円盤が出る頃にはもう推しになっていて、見てるとすごく後悔するんです。なんでこんな素敵な推しをもっともっと見なかったんだろう、もっと生で見たかったってそんな気持ちでいっぱいだったんです。 だから私は今後は悩まずに推しになりそうならとりあえず迷わず見ておくことをモットーにしました。  ただ、後からなんでこの時ハマってなかったんだろう…あとちょっとでもハマるの早ければ生で観れたのに…と思うことってありますよね。でも、そのハマったときが自分のハマる時であって、早ければまだその時でなかっただけのこと、って考えるのも嫌いじゃないんです。

わかります!すごくわかります!悩んでる時間がもったいない!まさにそのとおりです。推しかどうかとか、年下だからとか、そういう自分の気持ちの置き場所はとりあえず置いといて、「行動してみてから考える」 というのは常に思っています。それに、そうやって行って後悔したことがないので。(そのせいで常に色々なことがギリギリですが…全く計画性がないのでよく開演15分前にロビーで手紙書いたり、その週になって急に遠征決めたりしている…)何事もタイミング、自分がそのとき!と思ったときが「その時」ですね。

推しがついに年下になりました。

今までの推しは同い年または上の人だけだったのに、ついにきてしまいました年下。  あんな推しもこんな推しもかわいい!あれもこれもプレしたい!使ってほしい!通いたい!いっぱい見たい!SNS更新ありがと嬉しーー!とハッピーに楽しくオタクやってます。 上だろうと同い年だろうと下だろうとまあそこまで変わらないけど、年下の推しへはさらに盲目的な愛になった気がする(笑)

推しが年下という方からマシュマロをたくさんいただけてうれしいです…!わたしの周りに全然いないので…うれしー!ハッピー!って気持ち、よくわかります!!私も例の年下の推しにはいつも「今日もたのしかった!」「しあわせ!」って、今までの歴代推し(年上・タメ)には言ったことなかったようなことめちゃくちゃダイレクトに伝えてます…毎日ハッピー!たのしいーっ!ってなる。なんでだろう。

私は推しが客降りなどがある作品で、他のおたくに対してであってもハートを作っていたり何かしら対応している推しの姿を見るのが嫌いではなく○○してる推しかわいいかっこいい!!ってなるタイプなんですけど、友人は違っていて驚愕。

↑の話をしたら、信じられない!自分だったら自分の推しが誰かに構ってる姿なんて見たくない、見たら死にたくなる、って言っていてまじか〜〜と思いました。  友人とは同時期に同作品にハマってから仲良くおたく一緒にやってますけど、友人のほうがおたく成長(観劇数、プレの金額、推しへの気持ち等)が早くどんどん進んでいくので、いつか自分もそんな風に思う日がくるのだろうか、とぼんやり思いました。

これは本当に人それぞれだと思いますね~。わたしは完全に嫌なタイプです…仕事なので仕方ないと頭では理解してても、その瞬間は完全に「無理!」ってなりますね。自分も対応してもらってやっと心の均衡を保っている感じです。けど、ファンサしてる推しに対して「かわいい!かっこいい!」って思う気持ちもすごく分かります!対応されてるオタクがブスでありますよ~~に!って感じではありますが。(性格が底辺)推しへの気持ちは人それぞれなので、ファンサしてるの見るのが嫌いではないからって、オタクとして成長速度が遅いとかではないと思うので、たのしくマイペースにオタクしていきましょ~う!

友人が、友人の推しの出演する舞台に一緒に行って欲しいというので行ったときの話です。  客降りのあるもので友人の推しが近くにきたんです。そのときファンサ貰ったので、自分としては2人にしてくれたのかなぁと思っていたら、友人からは今のファンサ完全にあなたにだったよ、と言われまあ気まずいこと気まずいこと。 友人は推しといってもそこまで舞台通ったりするほどガチなほどではなかったのでまあまだ大丈夫かなあと思ったのと、そこまでマジで険悪になったりとかではなくその後も変わらず付き合いも続いているのでよかったんですけど。 推し同じじゃないことの弊害…

これは、まあ、完全に受け取り手の感覚ですからね…その推しさんのみぞ知る…(知りたくもないが…)けど、好きだからこそ、ご友人のように「自分ではなかった」と思う気持ちもすごく分かります。わたしもお花畑のくせによっぽどでないと「自分がファンサもらった!」と思えないオタクです。同厨(推し被り)の友人と入って、片方だけファンサもらうのも最悪ですが、別に推しのオタクでもない友人だけファンサもらってたら泣いちゃいません?!わたしは泣く…けど、ご友人とは変わらずお付き合いがあるとのことで安心しました…

 

以上、長くなりましたがマシュマロの返信でした!マシュマロ読むの好きなので、投げ入れてくれたらうれしいです~!

marshmallow-qa.com

 

おやすみなさい~!