床を見つめるとき/マシュマロ返信

こんばんは~!前回の記事にスターとマシュマロくださった方、ありがとうございました。ステキなスターをいただきました!隠れたメッセージ…まさに私信!うれしかったです…!

 

今回の記事は「観に行った舞台がつまらなかった(自分に合わなかった)とき」もっと言えば「面白くないのに通わなければいけないとき」のことを書きました。(下書きに長いこと寝かせていて、すっかり忘れてた・・・)なので、「自分の好みに合わなそうな舞台にはそもそも行かない」という方や、「推しがでていてつまらないわけないじゃん!」という方にはイマイチ理解していただけないかもしれないのですが、独り言だと思って読み流していただければ幸いです。

 

2、3か月前に観た舞台2本(別の作品です)が、めちゃくちゃつまらなくて、退屈で、気絶しかけました。作品の質についてわたしは語れるほどの目はもっていないし、終演後「すごくおもしろかったね!」と楽しそうに話していた声も聞こえてきたので、あくまで一個人の感想です。作品を批評する意図はありません。

その2作品のなかでも3個ぐらいは良いと思うシーンはあったし、わたしがボ~っと席に座って観ているどんな舞台の裏側にも、出演されているキャストの方、作品に携わるすべての方の努力があるということは十分理解しているつもりです。だからこういう作品を観たあと「私には合わなかった」とか「なんでみんな面白いと思えるのに自分は楽しめなかったんだ?!」と、少し落ち込みます。(だってどんな作品であれ、観る前はすごく楽しみな気持ちで劇場に向かうわけだし…)

 

今回の2本には推しは全くでていなくて、1つは誘われて観たもの、2つめは原作がめちゃくちゃ大好きでチケットをとったものでした。原作が好きで観に行った舞台に関しては、完全に「原作厨すぎる」ことが敗因だったので(これもあくまで個人的な考えですが、2.5を観るうえで一番不毛なことは「原作と比較する」ことだと思っているので)これも楽しめなかったのは自分側の問題(理由)だと思いました。不幸中の幸いだったのは、推しがでているわけではないから、虚無になりながら通う必要がないということです。1回観て「あ、残念だけどダメだった。」って思って、終了。

 

本当につらいのは「推しがでているのに全然面白くない」という舞台に「通う」ときで、「別に強制されてるワケじゃないんだから、観たくないなら観なきゃいいじゃん」と言われてしまえば、まあ、そうなんですが・・・・そうじゃねえんだ!舞台はつまらなくても、推しの芝居は観たいし、推しの姿を見て、声を聞きたいんだ。そもそも、推しが出ていてチケットを取らないという選択肢がないので、行かないというのはイコール、チケットを紙きれにするということなんですが。(譲渡にだすこともあるけど、チケットを紙きれにしそうなメンタルのときって他人との取引すらも億劫じゃないですか?!私だけ?)

 

そりゃあいくら推しがでていても毎日毎日何度も同じ舞台を観ていたら、何よりお尻や腰の痛みが気になる日もあるし、推しがでていないところで寝るスキルを身につけたり(良くないことですが)、内容の良し悪しに関わらず、そういうこともありますよね。私は幸いにも「推しが死ぬほどつまらない(好きになれない)舞台にでる」という経験をしていないので、例の気絶しかけた舞台を観た後、「これに推しがでていたらどうするかな~」とぼんやり思ったのでありました。

 

みなさんはどうしますか?(どうしていますか?)

 

marshmallow-qa.com

 

と、ここまで書いてみて思ったのですが、推しがでていないからこそ、その舞台そのものの演出など(キャストのお芝居以外の要素)が気になったのであって、推しがでたら「つまる/つまらない」以前に「今日もかっこいい!」とか「今日も推しのお芝居が観れてサイコー!」みたいなテンションになってそんなに気にならないのかな…いやでも、つまらんものはつまらん…よな…

 

以下、いただいたマシュマロのお返事です。

それまで推しはあまり髪のセットをしないタイプで雑誌やらなにかの撮影のときにはセットをしてもらっていますが、基本的に普段はナチュラルヘアーな方だったんです。 でも、最近ツイッターに載せるお写真で髪をセットし出していてそれも微妙にちょこちょこ毎日違う気がして、それでリプでそのことに触れつつ1番好きだった日を伝えました。  そうしたら、ほぼその髪型と言っていい髪型が続いたんです! たまたまかもしれませんし、他にも評価がよかったのかもしれませんし、ただ推しが自分で気に入っていただけかもしれないですが、なんだか嬉しくなりました。  リプでもお手紙でも、良かったところ好きなところはバンバン伝えていこうと思いました。推しも自分の行動や言動など何に対しても、反応があるってやっぱり嬉しいことなんじゃないかなぁと思いますし、なんらかのモチベに繋がってくれたらなって気持ちもあるので。

良かったところ、好きなところ、バンバン伝えていきたいですよね!投稿者さんが「好き」って言ったからこそ、推しさんもそのセットを気に入ったのではないでしょうか?私が俳優だったら絶対うれしいもん!(謎目線)

 

オキニとは、少し違うと思いますが推しに年齢を把握されていたのには沸きました笑

 高校生時代は、学校が劇場から遠かったので、いつも制服で開演五分前ギリギリ駆け込み!とかで観ていたのが、大学生になり、もちろん毎回私服で観劇していたところ、こちらからは何も言っていないのに接触で推しに「○○ちゃん、高校卒業したんだ!」と言ってもらえました。まあ、たまたまかもしれませんが、推しに服装までチェックされていたとは驚きでした。変な服は着れませんね...笑 

わ~!この推しと共に時間を重ねている感じ、いいですね!制服ということで推しさんにとっても印象的だったのではないでしょうか?

 

服装と言えば、最近謎に暖かったり、かと思ったらふつうに寒かったり、着るものに迷いますね~。今週末は関西方面に遠征なのですが、服迷っています…荷物増やしたくないし、ワンピースかなあ。

 

年度末で忙しい時期ですので、みなさまもお体にはお気をつけて…!おやすみなさい!